流行と素材|レンタルで振袖を借りて結婚式に華を添えよう

レンタルで振袖を借りて結婚式に華を添えよう

男女

流行と素材

ハート

流行の理由

結婚指輪は手作りすることができることが流行っています。その理由は様々ですが、その1つとして既存製品よりもこだわったデザインを制作することができる点が挙げられます。たとえば、リングの素材をワックスで自分で削って、自分たちの好きなデザインに制作します。鋳造作業はお店でやってくれます。しばらく経過した後に来店すると金属のリングになっています。これでオリジナルの手作りの結婚指輪になります。ただし、注意点もあります。手作りをする前に見せ側と十分な打ち合わせをする必要があります。デザインをどうするかや材料を何にするかを話し合います。ここで店側から見積提示があります。値段に納得したらスケジュールを決めて作業に入ります。

プラチナが選ばれる理由

手作りで結婚指輪を制作するときに用いられる素材はプラチナが多いです。それは硬さと柔らかさを備えているから好きなデザインに制作しやすいからです。叩いたり削ったりするときに十分な硬さがないといけませんし、変形しやすい性質がないと、好きな形にできなません。また、プラチナは金属アレルギーを発生させにくい材質です。そのため、金属アレルギーの人でも反応が起こらないので安心して身につけることができます。手作りの結婚指輪の価格は制作費用の相場が30000円から50000円であり、それに鋳造後のリングの重さに素材単価を掛けた金額が上乗せされます。もちろん、特殊な作業を加えると値段はもっと上がりますが、一般的には既存品を購入するよりも安くなります。